走ってる自分を客観的に見ること

こんばんは、二年生です。

早くお花見に行かないと散っちゃうよー!(o;ω;o)

と、心配している隙間もないまま駆け抜け……

今期も本日で最後。

やりきりました。

そして明日からまたスタート。

明日からは「三年生」です!\(^o^)/

今夜は二年生最後のビール!
きくちゃんと乾杯してきました~(◌´╰╯`๓)♡*。

あ、明日はお休みです。(笑)

.•*¨*•.¸¸♬

f:id:fs_okadamakiko:20150331231018j:plain

過去のお仕事、働き方は違えども、いつも全力疾走してきました。

毎年連続で自己ベスト更新(※あくまでも感覚値 )しているつもりでした。

感覚値なので、それは悪いことではない、と思っています。

全力疾走をやめろ!と言われても、それはたぶん…今はまだ無理です。

でも、

水分補給できているか?
うまくバトンを渡せているか?

など、

「走ってる自分を客観的に見ること」

も大事やと気づかされました。

少しずつ意識していきたいと思います。

実は昨日、上司に言われたのです。

仕事(の仕方、回し方)が下手くそやね、と……。(笑)

けなされてる!とか低評価されてる!とか、そんなんじゃありません。
愛がある言葉なので(少なくとも二年生はそう感じた)真摯に受け止めようと思ったのです。

もういい大人なのに、いつもまわりの人に心配やら迷惑やら、いっぱいかけてるんやなぁ……と、反省もしました。

自分では自己ベスト更新してるつもりで猛烈ダッシュしていますが、もしかしたらその砂ぼこりがものすごいとか、飛び石や接触事故が起きてるんちゃうか?と。(思い返せば軽い接触事故はしゅっちゅうです…)

三年生は、無事故無違反で!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ではではまたあしたね (๑ت๑)ノ"