あれから20年……。を考える朝です。

おはようございます。二年生です。

粛々と朝支度を済ませ…ただいま阪神電車に乗って出勤中です。

阪神淡路大震災から20年。

あの日、私は香川県に居ました。

大きな揺れに驚いて目覚め、ほどなく鳴った父からの安否確認の電話でテレビをつけたとき、神戸の街はすでに火の海と化していました。

私でもあの日のことを忘れることなどできないのですから、あの日あの街で震災の被害に遭われた方のことを、容易に想像したり語ったりすることはできません。

この20年、携帯電話とインターネットの普及をはじめ、私たちの身の回りの多くのものは当時では考えられないほど劇的に進化しました。

膨大な情報から取捨選択しながら(それでもやはりかなり多くの)情報を日々インプットして生きている私たち。

年を(経験を)重ねるごとに「忘れたい」ことも、「忘れたくない」ことも、「忘れられない」ことも、増えていきます。

20年前のことを完全に忘れて、まるで「なかったこと」にしてしまっては絶対にいけないけれど、毎日の生活のなかで多くのことを「忘れることができている」ということ(忘れることができる能力)に救われていることもまた事実です。


【特集】阪神・淡路大震災

日々薄れていく「記憶」を「記録」で残し共有していただけることで、20年前を知らない若者でも(インターネットにより)多くの情報(記録)を目にすることができます。
事実や歴史を正しく認識し、後生(こうせい)に残していくことは、とても大切なことだと感じています。

今朝の黙祷はできませんでしたが、「あれから20年」という事実を胸に置き、今に感謝し、粛々と過ごす(お仕事させていただく)一日といたします。

阪神大震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。