無理なお願い…。

こんばんは。二年生です!

今日はめっちゃ寒かったですね。
お仕事お疲れさまでした!(…と、自分を労う!\(^o^)/)



f:id:fs_okadamakiko:20141114234142j:plain


以下、長~いひとりごと…。

いろんな打ち合わせが一段落して、明日から二日間は主に簡単な制作物にとりかかります。

販促物は基本的に広告代理店さんと事前打ち合わせをしたうえで見積もりをとり依頼をしますが、インナーキャンペーン的なものやラフなど、簡単なものはなるべく自分で作ります。

昔々はDTPやWEBデザインの仕事もしていたのですが、ツールもかなり進化していてわからないことも多く、また、環境的にも技術的にも時間的にも、今の私では限界があり、きちんとしたいものは必ずプロに任せています。

タイトなスケジュールでも納期を守ってきっちり仕上げてきてくださる広告代理店や制作担当の方々には本当に感謝しています。

スケジュールにもとづき制作している側が、急な変更や無理なスケジュールに対応するのがどんなに大変か、私はそれなりに知っているつもりです。

だから、あまりこちらの都合ばかりで無理をお願いするのはよくないって、理解はしています…(T_T)

でも、それをやっている現状…(T_T)


無理なお願いのなかでも、制作料を下げて!というお願いが、私には一番つらいです。
仕事だから仕方ないこともあるけど、お金がすべてじゃないかもしれないけど、プロの仕事の価値を下げさせているみたいで…悲しくなるのです。

依頼しているものはどれも、パパっと片手間で作れるようなクオリティのものじゃないから。

いつも、すごく落ち込みます。
先方さんのガッカリのため息が聞こえるようで(そりゃそうですよね…)毎回凹んでます。ゴメンナサイって思ってます。

値切るくらいなら依頼しなければいいのに?

…その通りです。

よく、知り合いにプロがいたら「安くやってよ~」とか簡単に頼んだりする人いるけど、ソレ、違うよね?っていつも思ってる派です。

関係性が濃くて、本人の好意でやらせて!と申し出るのはもちろん自由やと思うけど…むしろ関係性が濃いほどちゃんと適正な対価を支払いたいと思うものではないですか?

でも、なにをどう思っていても、
結局、無理なお願いをしているのは「私」なんです。

会社や私自身との関係性を大切にして融通きかせてくださる方もたくさんいらして、私もなにか、直接お金は払えなくても、お力になれることがあれば全力で恩返ししたいという気持ちでいっぱいです。

そんな、どうにもこうにもならないモヤモヤ含めた「私」を理解し、お力添え協力くださる某編集長様、某担当者様、関係者の皆様。

本当に本当に、いつもありがとうございます。

無理なお願いばかりしてすみません。

いつか皆さまにちゃんと恩返しできますよう、必ず成長いたします☆